床矯正

歯並びの問題は、顎が小さいから歯が並ぶことができないことです。いろいろな治療方法があります。歯科矯正においては歯が並ばなくなったので、歯を抜いて顎との大きさの調和をはかることが多いようです。
「床矯正」の考え方は、顎が小さく歯が並ぶことができないならば、歯を抜くのではなく、正しい顎の大きさに顎を拡大しようというものです。顎を拡大する装置を「可撤式床矯正装置(かてつしき・しょうきょうせいそうち)」といいます。
この装置は入れ歯と同じで、簡単に取り外しができます。入れ歯のプラスティックの部分を「床」といいます。入れ歯を利用してネジの装置で顎を広げたり、歯を動かす装置と考えてください。

「可撤式床矯正装置
(かてつしき・しょうきょうせいそうち)」

ネジ

治療の大まかな流れ

なるべく歯を抜かないで矯正をしたい。

Copyright (c) 2006 Orient dental clinic. All rights reserved.