レジン床義歯

金属床義歯

磁性アタッチメント義歯

コンフォート義歯

バルプラスト義歯(スマイルデンチャー)

噛みしめられる入れ歯を提供するための新技術です

コンフォートとは、入れ歯の肌に当る部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。この技術によって、クッション性や密閉性、耐久性を兼ね備えた「噛みしめられる入れ歯」の提供が実現したのです。

もう、入れ歯だからといって口元を隠さなくても良いのです。笑顔に自信が持てる入れ歯、それがスマイルデンチャーです!

テレビや雑誌でも話題になった弾性義歯
○食べ物が入れ歯に挟まる事が少なくなります。
○薄く、軽く、弾力がある素材。とてもよくフィットします。
○金属の鉤が無く、笑顔になっても口元は美しいまま。
○金属アレルギーの方にも最適です。
○入れ歯に透明感があり、歯ぐきと見分けがつきにくい。

プラスティックの入れ歯に比べ、金属を使用するため食べ物や飲み物の熱が伝わりやすく、自然に近い味覚が得られます。また、薄く小さく馴染みやすいので違和感がなく、発音なども比較的なめらかにすることができます。
また、汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いが少なく衛生的です。

歯の根に磁石を埋めて入れ歯を固定します。
大きな入れ歯でガタガタ動いたり、前方のバネが見えるのがイヤな人、通常のバネがかけられない人に向いています。

健康保険適用の入れ歯は、アクリルレジン(プラスチック)で作られていて歯科用語で「レジン床義歯」と呼ばれています。
レジン床義歯は、経済的負担も低く、最も普及している入れ歯です。

保険診療では「レジン床義歯」となりますが、自費診療の入れ歯は、たくさんの種類があります。中でも代表的なものに「金属床義歯」「コンフォート義歯」「スマイルデンチャー」「磁性アタッチメント義歯」があります。保険の入れ歯はプラスチック製ですが、「金属床義歯」は、その主要部分を金属にする事で、できるだけ薄く作れ、しかも丈夫であるなどの利点があります。「コンフォート義歯」は安全で、非常に長持ちするクッションを有しています。「スマイルデンチャー」「アタッチメント義歯」は入れ歯を装着する時に使われるバネを一切使用せず、入れ歯を入れていると気づかれずにくいのも特徴です。このように自費診療の入れ歯には、様々な利点があります。

義歯(入れ歯)






BITEC GLOBAL GROUP のパンフレットより
生体用シリコーンは、入れ歯にとって理想的な素材
コンフォートに使われる生体用シリコーンは「血液や体液によって変性しない」「アレルギー反応や炎症などの異物反応がない」などの理由から生体用素材として医療分野で広く利用されてきた素材です。柔軟性と弾力性にも優れているので、入れ歯の裏装材としても最適な素材なのです。

コンフォートだと、なぜ噛みしめられるの?
生体用シリコーンは口の中の粘膜と同じくらいのクッション性を持っています。さらに、噛んだときにかかる力を全体に分散させる構造になっています。そのため、噛んだときの痛みを防ぐことができるのです。また、粘性をもつ素材であるため、密閉性が高まり、入れ歯と口内粘膜の間に食べ物が挟まりにくくなり、安心して噛みしめることができます。

*チタン金属床は金属部分をチタンにすることにより、コバルトクロムを使ったものよりも体い優しく、軽く快適な咀嚼運動が得られます。
また、金属アレルギーの方にも安心して使っていただけます。

*プラスチック製ですので、強度を保つ為に厚くしたり大きめに製作せざるを得ず、食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくい構造になっています。口の中で違和感をおぼえる人も多く、「汚れが付きやすい」「壊れやすい」などの難点もあります。

レジン床義歯と金属床義歯の厚みの差

Copyright (c) 2006 Orient dental clinic. All rights reserved.

費用はこちら

費用はこちら

費用はこちら

費用はこちら