MFTの目標は、歯に対する舌の外方への圧と口唇および頬による内方への圧とのバランスを整えることで、正しい姿勢位を習得させ、口腔周囲筋の不調和を改善することにあります。
正しい舌の姿勢位は、舌尖は上顎切歯乳頭後方に位置し、舌背は口蓋に接し安静を保ち、口唇はリラックスした状態で閉鎖しています。しかし、舌癖がある場合によく見られる異常な位置は、舌は低位で前方に位置し、口唇は開き口呼吸、口唇閉鎖時に口元に違和感があり、突出、過度の緊張、弛緩が見られ、下顎は下方に下がっています。
このように歯に対する舌と口唇および頬の口腔周囲筋のバランスが不調和だと、不正咬合への影響以外に、顎関節症や歯周病による空隙歯列、加齢に伴う口腔機能低下による舌痛症やドライマウス、義歯の安定などにも影響します。このような場合、機能訓練により口腔周囲筋の不調和を改善することで、症状が緩和される患者さんが多くみられます。MFTは歯科臨床のさまざまな場面で活用できます。


MFT

お口のまわりの筋肉を整えます。

Copyright (c) 2006 Orient dental clinic. All rights reserved.